システムエンジニアの特徴と言えば

システムエンジニアはシステムの設計や、開発や、テストをする仕事です。
プログラマなども同じような仕事となるのですが、企業によっては線引が違って来ます。例えば、プログラマーもしながらシステムエンジニア、あるいはその逆というのも珍しくはありません。
ただエンジニアの場合は、開発をする中で上流工程という部分を手がけるのが一般的な仕事内容と言えるでしょう。

例えばクライアントがどういった物を求めているのかを理解する、まとめる、整理をするなどの仕事はシステムエンジニアの仕事と言えます。
そして、その全体図を作る、基本設計や、どのようなプログラムを作るのか、詳細なども含めて行うのが仕事と言えるでしょう。

プログラマは、エンジニアが作った基本設計や、仕様について実際のプログラムを仕上げていく仕事となります。システムを完成させたり、普段、ユーザーとて自分のシステムを使っている時、あるいは、アイディア等が反映された時等にやりがいを感じる仕事と言えるでしょう。

ただし、納期が厳しかったり、大きなミスを起こした場合、クライアントがシステムに関して全く知識を持っていない場合は大変となります。
特にクライアントに理解をして貰う為、あるいは、何を求めているのかを理解するためにコミュニケーション能力が優れていなければいけません。
今日からなると言っても出来る物ではありませんので、基本は学校に通って知識を学ばなければならないでしょう。

また、学校に通う以外にも独学で学ぶという手もあります。今のニーズを敏感に察知し、業界でどんなスキルが求められているのかを把握した上で資格取得を目指すことが、デキるシステムエンジニアへの近道だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です